デパスの依存性

幻覚も?

デパスはベンゾジアゼピン系の薬品で、神経に作用するものです。一般的には「エチゾラム」という薬品名で知られており、1984年の発売以来、代表的な抗不安薬として利用されています。
デパスは神経症における不安、パニック障害、心身症、高血圧などの治療に利用されます。その他、肩こりや腰痛、頭痛、不眠などにも効果があるとされ、服用すると催眠効果の他、食欲増進、意欲の増加、爽快感や開放感が得られるといわれています。効果が高く、短時間で現れ、しかも比較的副作用が少ないため、現在、多くの診療科で処方されています。
しかし副作用が少ないといっても全くないわけではありません。ベンゾジアゼピン系薬品には依存性があり、この一種であるデパスにも同様の依存性があります。このため急に薬の服用を中止したり、量を減らしたりすると離脱症状が現れます。離脱症状とは禁断症状ともいわれ、薬の血中濃度の急劇な変化に体が対応できないことによって生じると考えられています。離脱症状は不安感、焦燥感、頭痛、肩こり、吐き気などで、体質によっては震えやけいれん、混乱や幻覚などの症状を引き起こします。
このためデパスなどの抗不安薬は、医師と相談しながら利用する事が重要です。